こんにちは

風林火山商店街 火 担当 水川千春です

普段、水ちゃんと呼ばれているのに、「火」なんです。水から炙り出します。
チーム風林火山の4名は、最初、シャレのような感じで命名されたはずなのに、今や、風、林、山、共にそれぞれに合った名前だなとほんと思う。

2013年からの、こうふのまちの新たな縁故節。私、実は、風林火山商店街プロデュースで始まったこの盆踊り、まだ1度もその祭り本番に居たことがない、という、ててて! びっくりぽん。火という名前のとおり、祭の本番は、実体なく、熱量だけ存在するような、そんな感じでおります。


そんな中で、
縁故節の中に出てくる、弁天さんの台詞、というのを、毎年言わせてもらってました。
弁天さんについて詳しくはこちら→  http://kofuart.exblog.jp/20506811/

最初の年、

「おれは、お空に昇るじゃ
しちよのおっさんと一緒に歩くじゃ
ふうー  世は変わった。
世は さかしまになった。
さかしまの世で、生きなさい。」

という台詞でした。

はじめの年の台詞は、昔のもともと弁天さんの台詞に、最後の一行が増えたもの。

次の年に、この台詞が、変わりました。

その時も、私はやっぱり祭本番そこに実体はなく、誰にも会うことなく、この台詞だけで参加したのですが、
ちょっとここに、なんとなく、
少し書き残させてもらておこうかな、と思って、、あの、いいですか?  風林山、いいかな?(あとで読み返したら、めちゃ長文なってました、ごめんなさい!)


翌年に変わったこの台詞は、
最初の年の風林火山の4人で体験した、めくるめく奇跡的な美しい共有時間とはまた違い、
自分1人で体験した時間を元に、やってきた台詞でした。

この年、私は、出産をしまして。そしてそれは、妊娠中なんども病院に運ばれ、重なる病気併発、母子共に危険になり、最終的には血圧170超え、母体がもたず胎盤がはがれ大量出血、からの、緊急オペ、という命がけのものでした。子も2ヶ月早く出てきてすぐNICUに入り、入院していたのですが、ありがたく母子共に命を助けていただきました。

これまで当たり前にあって、当たり前に迎えられるものと思っていた、
産まれる、ということ自体が、奇跡だったんだと、知りました。

そして、運ばれた病院が、モンゴルから心臓手術をしにきた家族だったり、全国からヘリコプターで小さい子供たちが治療に来るような、こども病院で、

毎日通う、娘のNICUの病室は、お母さんの胎内みたいに少し灯りをおとしてあって、そこに、たくさんたくさん小さな命が、それぞれ生きようと懸命に頑張っている、部屋でした。
お母さんのお腹からはやく出てきたり、いろんな小さな人たちが、外で生きていくために、そこで懸命に、確かに、生きている、部屋でした。


娘は、1400g代で産まれて、本来ならまだ胎内、という時期に外の世界に出たので、そこで会った娘の手足の動きは、まだ胎児の時代の動き。なんというか、宇宙の中で、まだ個別や境界のない、その水のような不確かな場所に触れる手や足が、世界をたしかめながら知っていくような、
それは、本当に美しい、踊り のようでした。

娘の呼吸も不安定な時期で、心もとなく、自分も命からがら、これまでの人生で一番最底辺の体力で生きていた時だったけど、


魂が、世界にふたたび触れるような、小さな命の、懸命に踊るような、その病室の部屋から出て、
自分の宿まで、夜中に歩いて帰る、帰り道。
暗い空に、雲がうごいていて、風が吹いていて、巨大な夜空につつまれるような夜、

昔は暗かった夜道は 電気がついていて、近代的な病院の建物に、町の民家の灯り、それは、良くも悪くも、まぎれなく自分も生かしてもらった現代の光、そして、昔から変わらずつづく星の光、

弁天さんの言葉を思い出しました。


よはさかしまになった。


それでも、ここで、踊りなさい。

と、思いました。

自分も、子も、みんなも、生きてゆきたいし、生きててほしい、と、まっすぐ思いました。

それで、この世界で、
みんなで
踊ればいいと


そして
その年、

「おれは、お空から来たじゃ
しちよの川からみていた
ふうー  世は変わった
世は さかしまになった。
それでも、ここで、ここでみんなで、
踊りなさい」

縁故節の中の弁天さんの台詞は、こうなりました。

とっても個人的な体験から来たこの台詞を、風林火山のメンバーが、一緒に体験したように、さらにアレンジした縁故節に入れてくれました。
(もともと即興で歌われていた縁故節は、毎年、歌詞も変わります。)


その年々の歌詞で、その時々の出会いで、それぞれの個人の思いが集まって、そのときの縁故節が
踊られていきます。

こんな素敵な盆踊りがあって、こうふはいいな。同じような、盆踊りが、日本各地にあったんだろな


今年は、春の、えんこぶし。

どんな渦になるか楽しみです。

昔は、かけ合いで歌ったり、その時の返事の歌詞を、また即興で返したり、していたそうですよ。

私は、今回も、本番は会場に居ません(またー!!)。

(すみません、遠くに居て、赤子連れで無理めの移動、強行突破しよかと思ったけど、やめました。めちゃ行きたいけれど)

でも、思いを送ります!
歌詞です。

今年の歌詞。昨年の詞からまた、この春は、遠くの町や、会ったことない家族や、知らない国に、向いています。そこにもあるだろう、命や暮らしに向いて。
変わらず大好きな、こうふで出会った人達にも向いて。


ぜひ、こうふで縁故節の本番に行ける方は、踊りにきてみてください
歌詞をつくって、ごみちゃんに出してもいいし、自分で歌ってもいいです。
きっと、楽しいと思う。


めずらしく個人的な思いをブログに書いちゃったし、しかも長文すみません。
大切な縁故節の中に、入れさせてもらった台詞だったので、ここで話させてもらいました。
読んでもらって、
ありがとうございます。

さいごに、
冒頭の写真は、インドのお祭りの絵です。
大好きな絵。インドのワルリ画で、ここでも、丸く円になって、渦になって、音楽と、踊っております。
輪の外には、カップルが出来てたり(お祭りの夜らしいよね)、神様がいたり、なんか食べてる人いたり、妖怪みたいなのいたり、してる。

盆踊りと一緒ですね。


あの世とこの世、過去と今、人と人(自然や人じゃないものも)がまざって、
思い考えながら、輪になって、踊るって、この世界 だな、と思った。

そこに、歌うってことが入ってるのが、ほんといいよなーって
思います。



明日のブログは、
チーム風林火山の白一点・山 担当の
山中カメラさんだよ〜

こんにちわ
風林火山商店街 林担当 幸田千依です

2013年 ひょんなことから新たに踊られることとなった「縁故節」
そんなの知らない もう忘れた そんな方のために 記録係である私が描いてきた絵と 毎年盆踊りの度につくってきた 
私の縁故節の歌詞をみながら 歴史を振り返ってみたいと思います


2013年 秋
甲府のまちから山へ 昇仙峡のさらに奥 御岳文芸座という廃校になった学校に 偶然4人の ばらばらの活動をしている
趣味や思考や行動パターンも違う人間が集まりました
山ごもり合宿と題して 山の不思議 歴史 表現 暮らし など 色々なものを共有する時間を過ごしました


林のなかで 林のなかで だれかが歌えば 風がさわぐよ 光おどるよな 夢心地 ションガイネ


2013 「あっちの山」

そうやって時間を過ごしていくうちに 4人の中に ある共通の「大切なこと」がぼんやり見えてきました
それは 言葉で伝えようとするとうまく伝えられないような 在り来りのような たぶんそんなことなのですが
私たちはそれを もっと色々な人と共有したい と思いました
そこでその「大切なこと」を共有するための表現方法として「縁故節」がとても適していると思い 盆踊り大会をやることにしたのです
4人はばらばらの活動 思考を持っていたので「大切なこと」を表現するのに それぞれの方法を使って力を出すことができました
はじめての「縁故節」は 秋の夜 御岳文芸座で それぞれの仲間や家族 山に住むお年寄りたちと共に ささやかに行われました


2013 「山のなかのまちの灯り」

(この絵は今年のこうふのまちの芸術祭で オークションに出品しました いつか 縁故節の記録展という展覧会を甲府でやりたいなあと夢見ています そのときまで 甲府で持っていてもらえるので嬉しい)


2014年 秋
山で「縁故節」をやったあと この「大切なこと」を もっとまちの人 たくさんの人間がいるところでやりたい という想いが強くなりました 
風林火山 人人人人… 山にいるときにはささやかだった人間の存在が 大きく意識されました
ばらばらの人間が沢山関わるまちの盆踊りは 大変なこともたくさんあったけど そのぶん それぞれの方法 それぞれの想いが放射状に広がった ちょっと普段とは違う 不思議な夜の盆踊りとなりました
沢山の人間の視点とエネルギーが ぼんやりと 真ん中にある「大切なこと」を浮かび上がらせる夜になったと思います

甲府のまちから 山を見上げれば 大きく広く美しい 山からまちの 灯り見下ろせば ひとつひとつの煌めきよ


2014 「ハーモニーにのって」


2015年 秋
山で生まれた「縁故節」は 人に伝わって まちに入り込んで 小さくも 大きくも どんな人ともできるものに変幻していきます
この年は 商店街の灯りの中 人と人の距離も近く もはや だれのものでもない「縁故節」を踊りました

この胸に沸く この胸に沸く 想いのかたちを 山でしずかに まちで楽しくナ 踊り伝えよ ションガイネ


2015 「色と形を眼に映す」

そして2016年!今年の「縁故節」は どうなるのでしょう
私がこのように振り返りながら おもしろいと思ったのは
「大切なこと」という中心に有るものが ふわっとしていること だけどそれを共有できること そう信じていること

風林火山のように ばらばらの要素たちが それぞれのやり方で関われたように
年々 風林火山 根 綿 亀 雪 ナントカカントカ… と 新しい 要素が増えていること
そしてそこには 必要ない要素というものが実は一つもない!
自分がそう自覚すれば まわりがそう感じれば その役割 その要素が加わっていくこと
それらの役割は 生み出されたのではなくて もともと一人一人がもっていた特性が 「大切なこと」のまわりに集まったとき 外側から 内側から 発掘されたということ

「縁故節」は誰のものでもないし 誰でもなにかの要素であって なにかの特性であって
その 自分とは違うエレメントを持った人と 一緒に踊って その人の歌詞に耳を澄ましてみる
そこから自分の新しい位置や役割や想いもまた 発掘されるかもしれないなあ と
毎年その時間を楽しみにしているのです

来年は 記録係としてどんな絵を描くことができるのか 踊る前から楽しみです
今年の歌詞ももう作ったよ 

4/9 ぜひ自分の歌詞を携えて踊りましょう!


そんなわけで つづきましては 火担当 水川千春にバトンタッチです!


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

こうふのまちの芸術祭

開催予定場所

甲府市中心街の空店舗、空き家、営業店舗、協力カフェ

お問い合わせ

主催:YAT(やまなしアートツリー)
E-mail:info@kofuart.net

ツイッター

バナー

みんなのブログポータル JUGEM Asahi Art Festival

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM